V6

20周年!!

TOKIOに続き、V6も20周年!

いずれ KinKi Kids も20周年を迎えますね・・・・・。

SP版「学校ヘ行こう」を少しだけ見ました。

いまや俳優として磐石のポジションにある岡田くんが、
やはりV6に戻ると、カミセンの一人、という感じになる
のがグループの歴史でしょうか。

「日本史」 の授業に挑んだ岡田くんでしたが、
教室の高校生の反応が面白かったです。

「図書館戦争」で筋肉をつけたのでしょうか、ちょっと
がっちりした(太ったのではないと思います)岡田くん
でしたね。


ヒゲの森田くんにも、びっくりでした。

最近は舞台人のイメージが定着してきたようで
それはそれで、めでたいことだと思います。

森田くんが役者を目指していたとは思わず、昔を
思い出すと時間の経過というのはすごいなあと
思います。

20年の年月の長さと重さがありますね。

若かったカミセンが、それぞれにオトナになった
のと対照的に、トニセンは変わらない、という印象。

当時すでにオトナだった、ということでしょうが、
「おじさん」になったわけではなく、若々しいです。

この6人が揃ってこその「V6」だなあと改めて思いました。

TOKIOもそうですが、20年を共に過ごしてきたグループ
の、なんともいえない空気感というのがありますね。

5人、6人のメンバーだからこその「密すぎない」関係
がいいのだろうなあ、とつくづく思います。

また、年長のリーダーの存在。
貴重です。


V6ファンの友人が幸せそうで、コンサートが楽しいと
いつも聞かされます。

一度行って見たいと思いながら、まだ実現できていません。
いつか行ってみたいです!

| | コメント (0)

イノッチ大忙し!!

井ノ原くんが、「アド街ック天国」の新司会に決まった

そうですね。
長く続いている番組のあとというのは大変でしょうが、
それだけオファーがあるというのは、「朝イチ」での
司会ぶりが評価されているからですね。
しかし、「アド街ック天国」には薬丸くんが出ているそうで。
先輩と一緒というのも大変かな?とも思います。
さらに4月からは恒例のドラマも始まります。
ますます忙しくなりますね。
岡田くんは役者一筋。
舞台で頑張っているメンバーもいますが、
イノッチは、司会にTVドラマに、とTVで頑張っていますから、
『V6』のTV露出という意味でも、これからも頑張ってほしいです。
SMAPはもちろんですが、TOKIO,V6、と、昔は考えられない
くらい「アイドル」の寿命が伸びています。
「アイドル」といいながら、それぞれの分野での努力が実を
結んでいるのですね。
もう40代30代のジャニーズメンバーが、それなりの大人に
なって、活躍しているのは嬉しいことです。
この「それなりの大人」になること、が結構大事。
なかなかそうなれない人もいますから。
しかし、ジャニーズというのは、デビュー組とそうでない「ジュニア」
との間には、厳しい一線があるようで。
生田斗真くんや、内くん、風間くんは、かなり恵まれていますが、
そこまで知名度のない人は、ある時期から事務所を去るよう
ですね。
そのような不文律があるのでしょうか?
 なかなか更新しないブログですみませんが、そんなことに
ついて、次回に考えてみたいと思います。

| | コメント (0)

岡田くんW受賞おめでとう!!

岡田くんが「主演男優賞」と「助演男優賞」をダブルで

受賞しましたね。おめでとうございます。
主演ができ、助演もできる。
そういうふうにオファーがあるというのが凄いと思います。
昔、「役者」になりたい、とどこかのインタビューで語っていた
ことを思い出します。
大河の「官衛兵」では、最初の頃の爽やかな官衛兵から、
のちの、ダークな、というか「軍師」としての官衛兵への変化
を見せてもらい、「役者」さんとしての積み重ねがちゃんと結果
を出していることに、改めて感じ入りました。
その一方で紅白でV6の一員として踊る岡田くんのほうに、
なんだか違和感を感じてしまいました。
「アイドル」という枠を超えてしまったな、という気がしました。
いや「超える」というよりも、別のカテゴリーに移った、という
ほうがいいですね。
たとえば木村くんは、やはり「アイドル」といカテゴリーに入る
というか、ずっと「アイドル」という看板を背負った人だと思う
のですが、岡田くんは、役者としての在り方の方が嵌っていて、
アイドルというにはちょっと重たい、という感じ。
でも、紅白ではV6を久しぶりに見ることができて、嬉しかったです。
V6のように、それぞれが個々の活動を続けてゆく、というのが、
今後のベテラングループの活動の中心になってゆくでしょうが、
岡田くんは、さらに年齢を重ねていい役者さんになってゆくの
でしょう。
期待しています。

| | コメント (0)

「永遠の0」と大河ドラマと・・・岡田くん!

「永遠の0」は原作を読んで感動したので、映画化はどうなん?

と思っていたのですが、岡田くんのイメージなら違和感なく見られそう
です。
映画が似合う役者さんになってきたなあと思います。
大画面が似合う、というのか、TVではもったいないというのか、
そんな感じ。
でも、来年の大河ドラマの主演もありますね。
このところ視聴率が取れない大河ですが、次回は期待できそうです。
TV誌や雑誌でたくさん紹介されているのを読んで、いかにも「大河」
という豪華さと面白さがありそうで、楽しみです。
岡田くんは格闘技のインストラクターの資格を持っているそうですね。
「心の持ち方が違ってきた」という発言を読んで、なるほど、と納得。
前半は「動く」つもり、というように、乗馬シーンとかもあるそうで、
岡田くんの魅力いっぱいの大河になりそうです。
一年間、楽しませてもらえるでしょう!

| | コメント (0)

V6岡田くん、お誕生日!

V6最年少の岡田くんが33歳!

おめでとうございます。
Twittetr情報で知りました。
V6はいつも仲がいい、というイメージがあって素敵だと思います。
岡田くんは、ソロでは俳優さんとしてとっても素敵です。
来年は大河ドラマの主演もありますね。
坂本くんは舞台で東山さんと共演。長野くんも、剛くんも頑張って
いますし、メンバーが集まるV6のコンサートはとても楽しいそうで、
一度は行ってみたいと思っています。
イノッチは朝のNHKの顔になって、好評ですし。
それぞれがソロで仕事をしながら、年に一度(?)はコンサート。
そういう活動が理想ですね。
ただ、それも基本的にメンバーの仲が良い、という根っこがあって
のこと。
だからこそ、個々のファンも楽しくコンサートに行けるのだと
思います。
V6はいいなあ。
正直うらやましいです。
KinKiにはありえない話。
もはや、見ることさえできない、もうひとりの人。
あまりにも違いすぎて、今ではどこにも接点がない。
それなのに、すっかり剛の好き勝手に利用される「KinKi」の名前。
信者と化したファンだけが、祭り上げるKinKi Kids。
ふう、愚痴になってしまいますね。
・・・・・・気分を変えて、
Twitterの岡田くんへの誕生日メッセージが、ファンの気持ちが
とっても出ていて、いいなあ、と思います。
来年の大河ドラマ、しっかり見せていただきます。
頑張ってください!!

| | コメント (0)

イノッチと長野くん!

このあいだMNHKの「あさイチ」を見ていたら、

長野くんが出ていました。

3人のシェフが登場する「お料理」の回です。

このコーナーで、出来上がったお料理を食べる役割。

もちろん「食べる」だけでなく、トークもあるのですが、

「味」を語らせたら、さすがに長野くん!という感じで、説得力が

ありますね。

イノッチが、そのあたりは長野くんに任せた、とばかりに、

食べることに専念していたのが、なんともいい感じでした。

V6ファンの友人はコンサートをいつもとても楽しみにしていて、

「とっても雰囲気がいいから一度見てごらん」と誘われます。

確かにV6のコンサートは楽しそうだな、と思います。

みんな、すっかりオトナで、それぞれの分野も確立されて、

ソロの仕事をしながら、V6としての時間もきっと楽しんでいる

のだろうなあ、と想像できますから。

ジャニーズのほとんどのグループはそのようにして、年齢を

重ねながら、オトナになり、自分を知り、人を知って成長してゆく

のでしょうね。

それができないメンバーを持ったKinKiの不幸を、こういうときに

しみじみと感じます。

どんな世界でも10年かそれ以上もいれば、その世界での「自分」

が分かるはず。自分の能力がどの程度か、どの分野に自分の

生きる道があるのか。

結局は『実力』と『人気』の世界です。

いやでも「自分」の価値は、数字なり「実績」なりで明らかなはず。

それすら認められないような人間が、「ジャニーズ」タレントとして

まだ何をやろうというのでしょう。

一時「同情枠」というのがある、と言われたことがありましたが、

今は、どんな「枠」が残されているのでしょうね。

| | コメント (0)

2012~2013 カウコン!!

司会はKinKi

なのですが、まあ、思うことはいろいろありますね。
若いグループも増えて、追いついていないなあと
思いながら見ていたのですが・・。
今回はみんなそれぞれの持ち歌を歌っていた中で、
V6がカッコよかった!!
もちろん曲のカッコよさもあるのですが、いかにも「大人」
な雰囲気で、衣装もその雰囲気にピッタリ!
「大人」なアイドルっていいなあ、と思いました。
今回はTOKIOがその場にいなかったので、余計に
V6の存在感が目立ったのでしょうか。
まだまだ踊っているところもいいです。
いいなあ、V6。
一度コンサートに行ってみたい、と思いました。

| | コメント (0)

V6のいろいろ

V6ファンの友人が、今年はコンがないの?と言っていましたが、

どうなんでしょうか?

今、NHKの「あさイチ」の司会のイノッチが好調のようですね。

同じNHKの「平清盛」出演中の森田剛くんも頑張っています。

そして、再来年の大河は、岡田くんが主演とか。

みんな30代で、それぞれの個性を生かしたお仕事に邁進して

いるのが、いいなあと思います。

そして、全員が揃うV6のコンサートはとても楽しいと聞いています。

SMAPもTOKIOも、楽しいライブを続けていますね。

こうした楽しいライブが可能なのは、ひとりひとりの個性を生かし

つつ、自分たちも楽しみ、観客と一緒に楽しもう、という姿勢が

あるからですね。

10代からジャニーズというアイドル集団の中で過ごし、順調に

デビューしてから、すでに15年以上。

それぞれに厳しい時期もあったでしょうが、その年月をどう過ごし

たか、というのは、やはり30歳を超えれば、顔にも言葉にも、歌

にもダンスにも出てきます。

ファンもまた、同じだけの時間を過ごしているのです。

ファンだからこそ、表面だけでなく、もっと奥まで、見て感じている

のです。

そういうファンに支持され、そういうファンと共にライブを楽しめる

グループは幸せですね。

| | コメント (0)

森田剛くん!

NHK「平清盛」に剛くんが出ていますね。

清盛の妻、時子の弟、忠盛役。

平家の全盛時に「平家にあらずんば人にあらず」と

言い放った評判のよくない人ですが。

舞台でも渋く活躍している剛くんだけに、違和感なく演じて

います。

こういう時代劇には、どうなんだろう?と思いましたが、

さりげなく脇役を演じられるあたり、「森田剛」の成長を見た

気がしました。

常に主役を張っているばかりでなく、脇役にまわるのも

大切なことです。アンサンブルの一員としての役割を果たす

ことで、勉強できることもたくさんあるでしょう。

そうして、自分のさまざまな可能性を拡げることが、

今後の芸能活動にもプラスになるでしょう。

V6のメンバーは、舞台に、映画に、TVに、と、個性を

生かして活躍していますね。

もう、みんな大人で、V6としてのコンサートもとても楽しい

と聞きました。(友人がずっとV6のファン)

ちょっと羨ましいです。

| | コメント (0)

イノッチ!!

この頃、NHKの「あさイチ」を見るのが日課になっています。

イノッチの自然体な司会ぶりに、、とても癒されます。

すっかりチームワークもできていて、安心して楽しく見られます。

以前「平家派」の話をしましたが、下積みの話の中でも、

イノッチは、のんびりと、楽天的で、人柄が滲み出ていました。

光一さんが、まだJ-WEBでよくいろいろな更新をしていた頃、

「イノッチ、ご飯行こう!」とよく言っていましたね。

時にはゆっくりと話をする時間があるのでしょうか。

光一さんの身近に、こういう人がいてくれると思うと、とても

安心するのですが。

カウントダウンコンサートで一番嬉しいのは、こういう人たち

と一緒になって、とても楽しそうな光一さんが見られることです。

イノッチには、できるだけ長く、毎朝会いたいと思っています。

| | コメント (0)