ジャニーズ

V6とKinKi Kids

V6のSP番組を見ました。

「2017」のV6は適度なバラバラ感があって、
適度な「抜け」感もあって、楽しめました。
高校の「ミュージカル部」を応援するコーナーでは
マサくん(坂本くん)がまさかの飛び入り出演で
急遽フリを覚えることになり、それを見るメンバー
たちのようすが本当に楽しそうで。

島の子供たちの、東京旅行では、「東京に行けば
芸能人に会える」と思っている願いをかなえつつ、
ちゃんとあとでネタバレありで、偶然ではなく「仕込み」
だったことをきっちり伝える配慮があり。
大人の姿勢があって、かつ一生懸命で、とても、好感が
持てました。

対して、KinKi Kidsの,なんともいえない緊張感。
6人と2人の差なのでしょうか?
こちらの見る目の違いなのでしょうか?
もしかしたら、もっと第三者的に見たら、楽しく見られる
のか?
そこはわかりませんが・・・・。

20年を経て、自由になったように見えるV6とは
対照的に、KinKi という檻の中に無理に篭って
いるように見えてなりません。
互いにやりたいことも、目指す場所も違うのに、
目も合わさず、話もせずに、歌うことに、どんな意味
があるのか?
それぞれの「ソロ」のファンがいて、それぞれの世界
があって。
でもそれ以上にKinKiを求めるファンがいるのか?
そもそもKinKiファンは何を求めているのか?
長年の疑問です。


V6のファンはみんなでV6を楽しんでいるように見える。
実際見ていて楽しい。
ところがKInKiを楽しめないファンがたくさんいるのです。
その理由を上げれば、それこそ20年をそっくり遡らなければ
ならないくらいに様々なことがあるのです。
向き合っていても、向き合っていなくても、2人しかいない
グループの宿命?
いえ、そればかりでなく、それぞれの性格や人間性の違い
がKinKiというグループをいびつにしているのです。
当たり前に一人で責任を果たせる人と、そうでない人。
依存する人と、依存される人。
これでは、グループがある限り、自由にはなれません。
何年経ってもこの関係が変わらないなら、
(変わるとは思えませんが、事実この20年が証明して
います。)
決してV6のように自由にはなれないでしょう。

自由になるにはKinKiという檻を壊すしかないのです。
もしくは、二度と戻らない決意で檻を飛び出すか。
・・・・それとも年に数回は、これからも続けるのか?

我慢して待つ、どこまでそれができるか、
どこまでそれをしなければならないのか、
もう十分に長い時が経っているとは思いませんか??

| | コメント (0)

シブがき隊の再現!!

テレ東音楽祭。6月29日。

あとから映像を見せてもらいました。
薬丸くんと、太一くんとイノッチの「シブがき隊」
見事な再現に感動してしまいました。
太一くんとイノッチ、踊りも完璧だったのでは?
太一くんは昔「少年隊」も踊っていましたね。
光一さんと、もうひとりと、三人で。
イノッチはV6で踊っているのでしょうが、それにしても
素敵でした。


やはり「ジャニーズ」は踊ってなんぼだとつくづく
思いました。

もはや「棒立ち」専門のKinKiの片方は、なぜそこにいる
のか、意味もわかりません!!
先輩たちの踊りを見て、何も感じないのでしょうか?
まあ、感じるくらいなら、今のようにはなっていない
でしょうね。

中途半端に動きがある程度では、光一さんが気の毒
で、今のKinKiは見るに耐えません。

でも、先輩たちと一緒で、光一さんは楽しそうでした。
その様子が見られただけでも、よかった。

踊る光一さんは「ソロ」でしか見られないと思っておく
しかありません。
早く次の「ソロ」のお知らせが欲しいです。

| | コメント (0)

嫌いなジャニーズランキング!

こういうランキングはあまり見ないのですが、たまたま

ネットで発見。
今年の1位は「木村拓哉」でした。
記事はこちら。

まあ、好きと嫌いは表裏一体ですから、人気の表れと
みることもできるでしょう。
が、「嫌い」にだけ出ている、というのはちょっと問題
かも、とは思いますね。
たとえば、
マッチ先輩
これは確かにあのカウコンの「ジャック」はひどかった。
手越祐也
ものには限度というものがある、ということでしょうが、
私もいいイメージは持っていませんね。
菊池風磨
よく知らない。
渋谷すばる
間ジャニは嫌いではないのですが、彼がボーカルという
のは昔から理解不能。
歌がうまいと思ったことがない。
「嫌い」にだけランクインしているのはちょっと納得
できますね。


SMAPについては、いままた中居くんの動向に注目
が集まっているようですが、9月にならないと分からない
でしょう。
ただ、ジャニーズ事務所にいても未来はなさそうに
思われますが・・・・・。

嵐のメンバーが「好き」「嫌い」両方にランクインして
いるのは人気の証みたいなものですね。
その人気がいまだにわかりませんけれど。

一般的に言って、ジャニーズ事務所のイメージダウンは
かなりのものですが、ジャニーズタレントの人気は
根強いものがあります。
このようなランキングも票数からみたらごく一部の
ものに過ぎないとも言えますが、若干の真実は
含んでいるようにも思いますね。
特にマッチ先輩。
世界はジャニーズでできているわけではありません。
もう、良いお年なのですから、そのあたりの自覚と
判断が欲しいです。

ランキングはともかく、アイドル時代を過ぎても
長く固定ファンがつくかどうかは、本人次第。
一過性のファンではなく、なが~く応援してくれる
ファンが獲得できるかどうか、ファンの目は厳しい
ですから、「可愛い」「かっこいい」だけでは長続き
はしません。
大人の、いい男を目指して欲しいと思います。

| | コメント (0)

アイドルは「素材」でしょう!

最近のジャニーズのデビュー組は、というか、

デビューして数年のグループはどうもパッとしない、
という印象があります。


私が勝手にそう思っているだけかもしれません。

そもそも、最近のデビュー組をあまり知らない(汗)
それでモノを言うな、と言われそうですね。

ただ、聞くところによると、歌が上手だったり、
踊りが上手だったり、というグループもいるらしい。

確か、光一さんも最近の子たちはダンスが上手い、
と言っていましたね。

歌やダンスのスキルがあるのは良いことですし、
無いよりは有る方がいいに決まっています。

ただ、敢えていえば、そういうスキルは「アイドル」に
とっては『必須』ではない、と思うのです。

「アイドル」という以上、

必要なのは、圧倒的な素材の良さ

これでしょう。


以下、完全に私見です。


圧倒的な素材、といえば、
古くは(失礼)郷ひろみ。

そのあとは堂本光一
と思っています。


デビュー当時、お世辞にも歌が上手い、とか
踊りが上手い、とは言えなかったですが、
そんなことよりも、圧倒的な素材の良さで世間に
認知され、大きな人気を得ました。

「その美しさが才能だ」と言わしめたのは、
堂本光一だけだと思います。


それが若きアイドルの本質ではないでしょうか。

そのような「アイドル」は数十年にひとり、なのだろう
なあ、と思います。

実際、郷ひろみは今年61歳。
堂本光一は37歳。

20年以上もの隔たりがありますから。

まだ少年だった堂本光一を一目見た時の衝撃は、
多くの人が共有しています。


歌も踊りも関係なく、その存在で人の心をつかむ。
これは大変なことです。


そして、これができるのが真の「アイドル」なのです。


そういう「アイドル」候補が、もしかしたらジャニーズJr に
いるかもしれませんね。


初めて堂本光一を見たときのような衝撃を、もしも
もう一度味わえるなら味わってみたいと思います。

・・・・まあ、無理だろうなあ。

「出会い」のタイミングもあるでしょうし、あれ以上の衝撃
があるとは思えませんから。

そういう意味では、
良い出会いができて、これまでずっと一筋に応援
してこられた、幸せなファンだといえますね。

| | コメント (0)

J-FRIENDS世代?

なんだか急に懐かしくなった「J-FRIENDS」

TOKIO,もV6も、KinKiも、
全員30代、いえそれどころか30代半ば。
ずいぶん時間が経ちました。
なにしろV6が20周年、KinKiももう20周年イヤーに突入する
らしいですから。
しかし、世代の差なのでしょうか。
安定の3グループです。
(ま、良い悪いは別にして)
NEWS,
KAT-TUN
は、デビューからのメンバーとは変わってしまいましたが、
「グループ」という感覚が変化しているのでしょうか。
それとも、たまたま、そういうことになってしまっただけ
なのか。
事務所の対応にも変化が出てきた、ということなのか。
それぞれの「やりたいこと」に理解を示しているのかも
しれません。
TOKIOも、V6もそれぞれの道を歩んでいると思います。
KinKiもそうですね。
年に一度くらいG活動をして、あとはそれぞれの道を行く、
それが一番自然なこと。
ただ、この頃「J-FRIENDS」が見たいなあと思ったりします。
カウコンでも、このメンバーだけで集まることがないように
思います。
活動が終わって10年以上が過ぎました。
・・・・やっぱり見たいなあ、「J-ERIENDS」

| | コメント (0)

田原俊彦さん

田原俊彦55歳。

シングルCDが4作連続トップ30位入りだとか。
ジャニーズ事務所独立以来22年ぶりのこと。
記事はこちら。
いまでも2時間踊って歌うという55歳です。

これは、ある意味、可能性を表していますね。
まだまだ踊れるという可能性。
もうひとつは、根強いファンの存在。


コンサート会場を埋めるファンの存在が、彼を支えている。
新曲発表会では、全国各地を回り、握手会もする。
「事務所」独立、というのは、そういうことですね。

逆境に負けず、頑張ってきたからこそ、今がある。
昔は特に好きでもなく、興味もありませんでしたが、今
は遠くからではありますが、応援したい気持ちです。

「事務所」の「長男」として大切にされているマッチとは
対照的なトシちゃん。

それぞれが選んだ道ですから、どちらがどうというもの
ではありませんが、田原俊彦さんがステージに立ち続ける
姿が長く見られますようにと願っています。

| | コメント (0)

植草さんに感謝!

最近の光一さんファンの間では、少年隊の植草さんの

評判がいいです。

「EndlessSHOCK」でオーナー役の前田美波里さんが
梅田で怪我をされて急遽代役となったのが植草さん。
4年前まで、植草さんがオーナー役でしたが余計な
アドリブが多くて、かなり批判されていました。
実際、植草さんの代役が発表されたときは、もう
観劇するのをやめようか、と正直思ったのでしたが・・・。
オーナーが女性に代わって、台詞も場面も変わったの
ですが、植草さんはそのまま美波里さんバージョンを
引き継がれて、ファンはホッと胸をなでおろし、かつ
代役を受けてくださったことに感謝することになりました。
これは、4年前の男性オーナーから女性オーナーへの
変化が、舞台そのものを大きく進化させ、もちろん
楽曲やダンスの進化も相まって、カンパニーそのもの
が成長したきたことの結果でもあります。
余計なアドリブが姿を消し、無駄を省いた舞台は、
いっそう観客の心を掴み、座長の歌声とダンスは
冴え渡り、信頼でつながったカンパニーの魅力が
溢れて、「生」の舞台の素晴らしさがいっそう顕著に
なりました。


これだけ生で歌って踊れる人がいるだろうか?


15年の「SHOCK」の歴史は、そのまま座長とカンパニー
の進化の歴史です。
帝劇での思いがけない事故、美波里さんの怪我、
アクシデントは改めてカンパニーの底力を示す機会に
なりましたし、全てを背負った座長の言葉は、心に響
ました。
舞台に立って15年。
様々な経験が今の座長を作っています。
ファンもまた、ずっと見続けた自慢の座長を、これからも
長~く見守っていきます。
そうして、舞台が途切れることなく続けられたのは、植草
さんのおかげであった、と、この2015年の植草さんを
感謝とともに思い出すでしょう。
どこかでお礼の気持ちを言わなくては、と思っていました。
ありがとうございました。

博多座公演はもうすぐ千穐楽。
今年を締めくくる「大千穐楽」でもあります。
あと4日間。
感謝を込めて、博多に思いを飛ばしたいと思います。

| | コメント (0)

ジャニーさんお誕生日!

都内で10月23日にジャニーさんのお誕生日会が

行われたそうですね。


立案者は滝沢くんとか。
「派閥」問題がよく言われるジャニーズですが、
「中立」(ジャニーさん派)の滝沢くんだからできた
ことかな、と思っています。


光一さんは博多で舞台中ですから、ここはタッキー
でしょう。

タレントのみが集まって100人?
ジャニーズ事務所
ジャニーさんも84歳。
お元気なのは、なによりです。

「派閥」の問題もありますが、まずはお元気で
いて欲しい。


事務所のことはわかりませんが、ファンまでが
「派閥」を口にする事態になっている現状がいいとは
思えません。

 不満もあるでしょう。

事務所がどのように対応するのか、ファンは見ています。
今後のジャニーズ事務所がどうなるのかわかりませんが、
ファンとしては、いわゆる「自担」を応援してゆくだけ。


でもやはりジャニーさんの存在は大きいと
思います。
まだまだお元気で!!

| | コメント (0)

「王道」を行く難しさ!

V6は今年20周年。

ジャニーズの各グループもどんどん「ベテラン」になって
きました。
SMAPもTOKIOもV6も、個々にドラマ、舞台、映画と
活動の場が変化しています。
俳優として、司会者として、それぞれに仕事ができる
こと、すなわち個々の努力の結果だと思います。
KinKi Kids ももう「ベテラン」さんの立ち位置ですね。
特に舞台では、ジャニーズのメンバーの存在は大きい
と思います。
主役ばかりでなく、舞台を支える脇役としても、存在感
があります。
TVドラマや映画でも、個性を発揮しています。
ただ、「俳優」として、あるいはTVタレントとして、生きてゆく
のは、「アイドル」時代を経て生き残った人の辿る、まあ
普通の道でしょう。
それができるだけでも、大変なことでしょうが。
その上で、あえて言いたいのは、
ジャニーズの王道について、です。
そもそも人を楽しませるエンタテイナーとして、少年の頃から
歌や踊りを習い、訓練を積んできた彼ら。
もちろん、今でも、エンタテイナーではありますが。
かつての「歌」と「踊り」はどこにいったのか、と思います。
歌いながら踊る、というのは、子供の頃から鍛えないと
絶対にできない、とEXILE のHIROさんがおっしゃって
いましたね。
だからEXILEは、ボーカルとパフォーマーが分かれて
いるのだ、と。
そんな子供の頃からの訓練を活かして、今も歌って踊って
いるのは、光一さんだけです。
もちろん、舞台で歌って踊っている少年隊や、ほかの方も
いらっしゃいますが、ソロで「映像シングル」を出し、ソロコンで
踊りまくる。
現在それをしているのは光一さんだけです。
この「プロ」のステージングをぜひ、ジャニーズの若い子
たちに見て欲しいと願っています。
音楽を視覚で表現する。
これが、ジャニーズの基本ならば、デビューから長い年月
が過ぎてなお「王道」を行く光一さんを、後輩くんたちに
きちんと見て欲しいと思いますし、できるならば、目標に
して頑張って欲しいと思います。
それは、楽な道ではありませんが、「王道」を行く先輩の
背中が見えれば、後に続くのが少しは楽になるかもしれません。
ひたすら道を歩き続けること、より高みを目指すこと、
その姿勢が、多くのファンの支持を集めているのです。
今年、3年ぶりの光一さんのソロコンがスタートしています。
ファンは今度はどんな見知らぬ世界へ連れて行ってもらえる
のか、期待でいっぱいです。
「王道」を歩む堂本光一のステージを見るファンの幸せ。
かつての「J-FRIENDS」を思い出すと、みんなそれぞれに
長い時間を過ごしてきた、としみじみ思います。
「J-FRIENDS」の末っ子だった光一さんが、今なお
ソロで踊っている幸せ。
「王道」を行け、このまままっすぐに!
行けるところまで、どこまでも行け、と心から思います。

| | コメント (0)

タッキー&翼

翼くんの入院が続いていますね。

タッキー&翼のコンサートは滝沢くんがひとりでやるとか。
頑張る滝沢くんを応援するツイがたくさん。
昔は仲が良くなかった、と言っていたふたりでしたが、
今は互いに理解しあい、それぞれの違いをリスペクトできる
関係なのでしょうね。
良いグループだなあと思います。
というか、グループというのはそうなってゆくものなのだろうと
思います。
長い年月、一緒に仕事をする仲間として、仕事を通して、
意見の相違や性格の違いを超えたつながりが生まれるの
だろうと思うのです。
TOKIOもV6も、もちろんSMAPも。
4人になったKAT-TUNにもそれがあると思いますし、
嵐も、NEWSもそうでしょう。
ただ、KinKiだけは、そういうふうになっていない・・・。
せめて、相手へのリスペクトがあれば。
落とし込みばかりしている人がいては、グループは成長しません。
残念でなりませんが、それも、今となってはどうにもならないこと。
KinKiは互いの「ソロ活動」に向かってゆくしかないでしょう。
・・・・翼くんが早く回復しますように!!
タッキー&翼の元気な姿を早く見たいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧